Ueta Hiroshi Contemporary Calligraphy

HOME

Exhibition

山水     上田普作品展
Hiroshi Ueta Exhibition

collaboration with
  セリーヌ・ライト(和紙照明)
  新島龍彦 (造本作家)
  浦田恭資 (アクアリウム)
Guest  
  ミシェル・ネーワル(いけばな)
会期:2022年9月23日~10月10日
   9:00~18:00/会期中無休/入場無料会場
会場:The Terminal Kyoto
          京都市下京区新町通仏光寺下ル岩戸山町424番地
     TEL : 075-344-2544
作家在廊日:9/23,24,25,27, 10/2,3,4,9,10
 
<ギャラリートーク>
9月24日(土)14:00~
<書の道具の話「墨、紙、そして硯」>
10月9日(日)13:00~ & 15:00~
 
上記ふたつのトークイベントは参加費無料ですが人数の制限をもちたいので要予約とさせて頂きます。予約&お問合せはCONTACT もしくは164ueta[at]gmail.comにご連絡下さい。
The Terminal Kyoto

WORKS

ART works

Hiroshi Ueta ART works 

平面作品から立体、インスタレーション、映像作品等の紹介
Gallery ART


DESIGN

Hiroshi Ueta Design works
Logo, Sign, and More 

男前豆腐店、柊家旅館、叶匠寿庵などの商品パッケージ、絵本やカタログ、ホテルロゴ等のご紹介。
DESIGN WORKS


Collaboration

Collaboration with Fashion, Dance and More 

ジュエリー、製本作家の他ファッション、アクセサリー、アクアリウムまで様々なコラボレーション紹介。
COLLABORATION WORKS


Exhibition

Past Exhibion 

これまでの代表的な個展など作品展示の様子を紹介。
Past EXHIBITION


Performance

Live Performance with VR, Music & Dance and more

VRによる書道パフォーマンス、ジャズバンド、コンテンポラリーダンス等デジタルとアナログを融合させたパフォーマンスをご紹介。
PERFORMANCE WORKS


PROFILE

Hiroshi
Ueta

PROFILE

Born in Hyogo,Japan in 1974.He started studying Shodo(calligraphy) in childhood, learning from his mother, and graduated from Shikoku University in 1996 , majoring in Japanese calligraphy.In 1998 he went to China in order to pursue the roots of Shodo ,and studied at Hangzhou University. He moved to Toronto,Canada in 2000. His exhibition sales and one-men show in a gallery in Toronto caught the attention of  an art dealer in 2001, and his works were sold at Sotheby’s in New York. He moved to Kyoto in 2002.
The Kyoto City Society for Fine Arts designated him as an up-and-coming arts novelist In 2005. He participated in Art Sydney 2006, and Korea International Art Fair 2007.  He provided designing works for folding fan,      Japanese traditional clothes (KIMONO) and accessory. To introduce the pleasure of SHODO and art expression, he performed workshop, and interview/appearance on domestic and international media.
He now works at Calligraphic Culture Department, Shikoku University and Osaka Electro-Communication University.
VIEW MORE


 

1974年兵庫県生まれ。幼少の頃から母親の元で書を学ぶ。1996年四国大学書道コース卒業。 1998年中国・杭州大学留学。2000年カナダ・トロントに渡り個展や『Sothebys(サザビーズ・ニューヨーク)』へ出品販売等を行い、 2002年制作の場を京都に移す。
2005年京都市美術協会より新鋭美術作家に選出。その後2006年アート・シドニー(オーストラリア)、KIAF2007(韓国国際アートフェア)、木津川アート(京都)、Water Tower Art Fest2014(ブルガリア)、2016年はウェールズ・
UKでのアートイベントAKIN等、現代アート作家として参加。2018年&2020年京都×パリのアーティストコラボレーション事業に参加。パリの製本作家、ジュエリーアーティスト、照明デザイナー、ミュージシャン、ダンサー等とのパフォーマンス、ギャラリーでの展示をおこなってきた。
デザインの分野では泉鏡花作、中川学絵の絵本「龍潭譚」、同じく「絵本化鳥」の題字を担当し2014年アジアデザイン賞を受賞。NMB48、男前豆腐店、叶匠寿庵、柊家旅館、前田珈琲等の商品ロゴの制作や監修。また武田薬品工業株式会社全グループによるミーティング“ONE TAKEDA”、国際会議であるUFI TOKYOにてオープニングアクトとしてVRを使った書のライブパフォーマンスを披露。 京都・時代祭館十二十二(トニトニ)館内の映像制作。
東アジア文化都市・京都2017のプロモーション映像制作など 最先端の映像制作にも関わる。四国大学書道文化学科、大阪電気通信大学非常勤講師。
VIEW MORE